ADECIA シーリングソリューション

遠隔会議用ワンストップサウンドソリューション『ADECIA』

動画

ビジネスを加速させるのは『⾳』だ。

常に変わりゆくビジネスシーン。在宅勤務をはじめ、働き⽅にもさまざまな変化が⽣まれているなか、遠隔会議はいまや「なくてはならない」コミュニケーション⼿段となり、同時に求められる会話の質や、会議室に対するニーズも多様化しています。
『ADECIA』は多様化するニーズに⾳とネットワークで応え、⾼品位な会話体験をスマートに実現する新しい遠隔会議ソリューションです。⾳の⼊⼝から出⼝まで。⾳とネットワークの技術を⻑年培ってきたヤマハならではのワンストップサウンドソリューションが、ここに誕⽣しました。

ADECIA(アデシア)とは・・・
音の入口から出口までのラインナップをトータルで兼ね備えた、遠隔会議専用 “ヤマハのワンストップサウンドソリューション”です。
※由来:Tell, Say, Speakとコミュニケーションを表すスペイン語DECIRをベースにした造語。遠隔コミュニケーションにおけるヤマハの強みを”IA”(Intelligent Audio)に込めています。

シーン1
シーン2
シーン3

主な特長

⾳の⼊⼝から出⼝までをフルカバー

中枢を担う専⽤プロセッサー『RM-CR』を中⼼に、シーリングアレイマイクロフォン『RM-CG』、明瞭な拡声を実現するネットワーク対応スピーカー『VXLシリーズPモデル』、PoE給電ネットワークスイッチ『SWR2311P-10G』と、⾳の⼊⼝から出⼝までをカバーするネットワークオーディオ『Dante』対応製品をラインナップ。マイクロフォンからスピーカーまで、それぞれの機器の相性や互換性を気にすることなく、ワンストップでの導⼊が可能です。

⾳の⼊⼝から出⼝までをフルカバー

導⼊は限りなくスマートに

機器間のオーディオ伝送にはネットワークオーディオ規格『Dante』を採⽤。ネットワークケーブル1本でオーディオ/コントロール信号の伝送が可能です。⾳声回線設定や詳細調整も⾃動で⾏うため。煩わしい配線や、ネットワーク環境の確⽴、それぞれの部屋環境に合わせた⾳響調整など、導⼊に伴うさまざまな難関を簡単に解決します。電源はPoE⽅式を採⽤、各機器への電⼒もネットワークケーブルで供給されます。

導⼊は限りなくスマートに

複雑な⾳響設定も簡単

必要なのは数回のクリックだけ。ウェブブラウザーに表⽰されるセットアップウィザードで、システム内のオーディオルーティングや部屋の環境に応じた⾳響を⾃動調整します。これまで調整に要していた莫⼤な「時間」を最⼩化し、⾳響に関する「知識」「経験」がなくても簡単に設定が可能です。

複雑な⾳響設定も簡単

会話は逃さずキャッチ

話者が発⾔するだけでビームが⾳声を検知するダイナミックボイストラッキングを採⽤。話者とマイク間の距離や位置を気にする必要はもうありません。4本のオートトラッキングビームフォーミングは複数⼈の同時発話も逃すことなく追尾。それぞれのビームが周りの雑⾳を抑制しながら話者の発⾔を的確にとらえ、明瞭度の⾼い⾳声を遠隔地にいる相⼿に伝えます。

会話は逃さずキャッチ

どんな環境下でも快適な会話体験を

シーリングアレイマイクロフォンには多彩なプロセッシング機能を搭載。⼈の声と雑⾳を⾃動判別するヤマハ独⾃の⾳声処理技術「HVAD(Human Voice Activity Detection)」との組み合わせで、⾳が途切れる、雑⾳に声が埋もれる、⼗分に声が聞き取れない、などのさまざまな⾳の課題をつぶさに解決し、円滑でストレスのない遠隔会議の会話体験を提供します。

どんな環境下でも快適な会話体験を

⾼い互換性・シームレスな接続性

USB・Bluetooth®・オーディオ⼊出⼒端⼦の多様なインターフェースを搭載、Web会議だけでなくビデオ会議や電話会議などの様々な遠隔会議での利用が可能です。Windows、macOS、iOS、Androidに対応、利⽤できるWeb会議システムの制限はありません。あらゆるOSやデバイス、様々な遠隔会議システムと組み合わせた遠隔コミュニケーションソリューションを構築できます。

⾼い互換性・シームレスな接続性

構成製品

シーリングアレイマイクロフォン
RM-CG

RM-CG

独自の音声信号処理技術を搭載、高品位なコミュニケーションを実現するシーリングアレイマイクロフォン

遠隔会議用プロセッサー
RM-CR

RM-CR

ADECIAの中枢を担うシグナルプロセッサー

インテリジェントL2 PoEスイッチ
SWR2311P-10G

SWR2311P-10G

Danteに最適な機能を持ち、PoE給電が可能なインテリジェントL2スイッチ

Dante/PoE対応ラインアレイスピーカー
VXLシリーズPモデル

VXLシリーズPモデル

PoEで駆動するDante入力対応のパワードラインアレイスピーカー

テクノロジー

話者とマイクの間が離れていても明瞭に声を収音する
「ダイナミックボイストラッキング」

収音エリアをあらかじめ設定する必要がなく、話者が発言するだけでビームが音源の方向を検知し、収音します。話者の位置を気にする必要がなく、フレキシブルな会議室レイアウトが可能です。

話者が発言するだけでビームが音源の方向を検知する
「オートトラッキングビームフォーミング」

4本のビームが複数人の同時発話も逃すことなく追尾します。それぞれのビームの指向性を狭くすることで、周りの雑音を抑制しながら話者の発言を的確にとらえ、明瞭度の高い音声を遠隔地にいる相手に伝えることができます。

ストレスなく双方向会話できる
「適応型エコーキャンセラー」

スピーカーからの相手先の音をマイクが拾ってしまうことにより発生するエコーを除去。残響の長い部屋でもしっかり作用し、より聞きやすく話しやすいスムーズな双方向会話を実現します。

マイクに近い人と遠い人の声量を調整する
「オートゲインコントロール」

マイクで収音した大きな音も小さな音も、最適な大きさに調整し、マイクからの距離や声量の違いによって生じる相手先での音量差を低減。ノイズがある環境では、人の声だけを増幅することで、快適なコミュニケーションをサポートします。

ノイズを消して声だけを伝える
「ノイズリダクション」

プロジェクターやエアコンなどから定常的なノイズが発生する環境でも、マイクで収音した音声からノイズ成分を除去。相手先には発話者の声をクリアに伝えます。

声が響きやすい空間でもクリアに伝える
「残響抑圧」

残響が多い空間で遠隔会議を行うと声が響くため、相手先に届いた音声が聞き取りにくくなります。ADECIAは、部屋の特性に起因する残響成分を抑圧処理することにより、相手先に明瞭な音声を届けます。

お問い合わせ

音声コミュニケーション機器お客様ご相談センター
インターネットからのお問い合わせ
TEL. 03-5651-1838(電話受付: 祝祭日を除く月~金/11:00~18:00)

[個人情報の取り扱いについて]
お客様からご提供いただいた個人情報は弊社「個人情報保護方針」に則った取り扱いを行い、厳重に管理します。
個人情報保護方針

メール

ご相談・お問い合わせ