遠隔会議システムの種類・ヤマハが選ばれている理由

ヤマハの音声コミュニケーション機器を、適材適所で活用

Web会議とは

PCやスマートデバイスを使用して行う遠隔会議で、専用機器を必要とせず、簡単に遠隔地とのコミュニケーションが可能に!

ビデオ会議とは

専用機器を使用して行う遠隔会議で、高品質と安定性を備えたコミュニケーションが可能に!

電話会議とは

電話回線やIPネットワークを用いた音声のみによる遠隔会議で、マイク/スピーカー搭載の電話会議システムを使用することで、大人数でも安定したコミュニケーションが可能に!

ヤマハの「音声コミュニケーション機器」はストレスフリー

「目を閉じていても会議はできるが、耳を閉ざして会議はできない」という言葉があるように、語り手のメッセージは言葉を通じて伝わります。仕事の効率化や経費節減以上に、ストレスなくメッセージを伝えることが重要です。

ヘッドセットを使った遠隔会議では、耳が圧迫されたり、耳に音が直接響くため長時間だと疲れてしまいます。ヤマハの音声コミュニケーション機器なら通常の会議と同じように自然な音声で会話ができます。

セミナーや授業でも同様です。ひとつの言葉や文章を聞き逃しただけで、その後の講義内容が理解できなくなることは多くの人がお持ちの経験ではないかと思います。参加者のストレスを極力緩和することは主催者の最低限の心配りでもあります。

なぜ、ヤマハの音声コミュニケーション機器が選ばれているのか

高音質、高品質が決め手。
長年培われた音声処理技術により、話し手がすぐそばにいるように感じることができる会話が可能です。

便利な機能

会議中に急遽外出中のメンバーに参加してほしいときは、スマートフォンを本体とBluetooth接続し、電話回線でつなげば、簡単に遠隔会議に参加できます。

ヤマハの音声処理技術

適応型エコーキャンセラー、ノイズリダクション、マイク追尾機能等、音を良く聞かせるための様々な機能が内蔵されています。

選ばれてシェアNo.1

スムーズな会話が可能なため、ストレスなくコミュニケーションが可能。普通のことが普通にできます。