調音パネル(ブラウン)

ACP-2 MB

  • 希望小売価格: 60,000円(税抜)

良い音で楽しむ、良い音を楽しむ
制御音域の最低域をTCHよりさらに拡大。ピアノ演奏時やオーディオリスニング時の中低音域の響きを整える効果を高めました。

無料貸出/体験デモ
  • 広い帯域での「吸音」と「散乱」による心地よい音場 さらに制御音域を拡大
  • 設置性・コーディネート性を向上
  • アップライトピアノの背面に設置するだけで繊細な演奏表現を実現
  • スピーカーの背後に設置で、ソースに忠実で空間定位のよい再生音
  • 設置枚数の目安
  • ※製品の色は実際の色と若干異なる場合があります。
 

調音パネルの設置枚数と配置の考え方

部屋サイズとパネルの枚数目安

【条件】天井高さ:2.7m以下, 天井:岩綿吸音版, 床:タイルカーペット, 壁:石膏ボード(クロスや塗装)またはスチールパーティション

部屋のサイズ  【 間口×奥行(床面積)】 設置枚数(推奨) 設置枚数(最小)
3m×4m(12m²) 12枚 10枚
4m×4m(16m²) 14枚 11枚
4m×5m(20m²) 15枚 12枚
5m×6m(30m²) 18枚 14枚
5m×8m(40m²) 22枚 18枚
5m×10m(50m²) 25枚 20枚

調音パネルの基本的な考え方

端からスタートして1.2m毎に1枚配置

端から0.6mあけて1.2m毎に1枚配置

もう一対の壁面も同様に

[効果的な配置]

  • 標準枚数:壁面の長さ1.2m毎に1枚で計算
    例)4×5mの会議室⇒壁面長さ18m/1.2=15枚
  • 標準設置高さ:パネルの下端を床から900mm、二段に設置する場合は、床から400mm
    (使用状態の「耳の高さ」を意識する)
  • 大きな平面が残らないよう分散配置する
  • 平行対向する面が残らないよう、対向面では位置をずらして配置する
  • 什器やガラスなどで貼れない場合でも、基準枚数の8割以上を配置する

窓のない部屋の例

  • 間口:3.6m
  • 奥行:5.4m
  • 天井高:2.7m
  • 床面積:19.44m²
  • 設置枚数:13枚

[配置手順]

  • 基準枚数:壁面の長さ1.2mあたり1枚で計算⇒15枚
  • 基準枚数を分散配置
  • 大きな平面が残らないよう分散配置する
  • 対向壁面で調音パネルのない面が向かい合わないよう、調音パネルをずらして配置
  • ドアなどで貼れない場合でも、基準枚数の8割以上の枚数を設置

壁の一部に窓がある部屋の例

  • 間口:3.6m
  • 奥行:5.4m
  • 天井高:2.7m
  • 床面積:19.44m²
  • 設置枚数:12枚

[配置手順]

  • 基準枚数:壁面の長さ1.2mあたり1枚で計算⇒15枚
  • 基準枚数を分散配置(窓に貼れない分は、別の壁面に含める)
  • 大きな平面が残らないよう分散配置する
  • 対向壁面で調音パネルのない面が向かい合わないよう、調音パネルをずらして配置
  • ドアやガラスなどで貼れない場合でも、基準枚数の8割以上の枚数を設置

壁の一面をガラス面が占める部屋の例

  • 間口:3.6m
  • 奥行:5.4m
  • 天井高:2.7m
  • 床面積:19.44m²
  • 設置枚数:13枚

[配置手順]

  • 基準枚数:壁面の長さ1.2mあたり1枚で計算⇒15枚
  • 基準枚数を分散配置(窓に貼れない分は、別の壁面に含める)
  • ガラス面の対向面の枚数を多めに配置
  • 対向壁面で調音パネルのない面が向かい合わないよう、調音パネルをずらして配置
  • ドアやガラスなどで貼れない場合でも、基準枚数の8割以上の枚数を設置

壁の二面をガラス面が占める部屋の例

  • 間口:3.6m
  • 奥行:5.4m
  • 天井高:2.7m
  • 床面積:19.44m²
  • 設置枚数:14枚

[配置手順]

  • 基準枚数:壁面の長さ1.2mあたり1枚で計算⇒15枚
  • ガラス面の対向面の枚数を多めに配置するため、上下2段に配置
  • ドアやガラスなどで貼れない場合でも、基準枚数の8割以上の枚数を設置
  • 設置の高さは、床から調音パネルの下端が400mmを基本とする