調音パネル(ホワイト)

ACP-2 WH

  • 希望小売価格: 45,000円(税抜)

良い音で楽しむ、良い音を楽しむ
制御音域の最低域をTCHよりさらに拡大。ピアノ演奏時やオーディオリスニング時の中低音域の響きを整える効果を高めました。

無料貸出/体験デモ
  • 広い帯域での「吸音」と「散乱」による心地よい音場 さらに制御音域を拡大
  • 設置性・コーディネート性を向上
  • アップライトピアノの背面に設置するだけで繊細な演奏表現を実現
  • スピーカーの背後に設置で、ソースに忠実で空間定位のよい再生音
  • 設置枚数の目安
  • ※製品の色は実際の色と若干異なる場合があります。
 

ヤマハ調音パネルACP-2は、ヤマハ特約楽器店並びに、オーディオ専門店等で販売しています。
品番が楽器店ではACP-2A、オーディオ専門店ではACP-2Nと異なりますが、製品は同一です。

広い帯域での「吸音」と「散乱」による心地よい音場 さらに制御音域を拡大

ヤマハ調音パネルは、独自の音響構造により、広い帯域でほぼ平坦な吸音特性を発揮するとともに、散乱性能も併せ持っているため、音響障害を抑制して響きを整え、単なる吸音材などでは得られない心地よい音場をつくり出します。さらに、『ACP-2』は高さ120cmとすることで、高さ90cmの現行モデル『TCH』に対し、制御音域の最低域を拡張。特にピアノ演奏時やオーディオリスニング時の中低音域の響きを整える効果を高めました。

<残響減衰特性に見るブーミングの抑制効果の観測例>

設置性・コーディネート性を向上

高さを120cmとしたことで、アップライトピアノやトールボーイ型スピーカーと組み合わせやすく、しかも、わずか3cmの薄さで部屋の広さを損なうことなく設置可能です。また、従来モデルと同様の壁掛け型の使用に加えて、自立型としても使用できるよう自立スタンドを付属し設置性を向上しました。

※色違いのブラウン、ナチュラルは、別品番になります。各製品ページをご確認ください。

アップライトピアノの背面に設置するだけで繊細な演奏表現を実現

アップライトピアノの背面に設置するだけで、響きを整え、楽器本来の音を取り戻し、演奏者の意図を反映する繊細な演奏表現が可能になります。速いテンポでも一音一音をしっかり聞き取ることが可能になり、和音が美しく響き、ピアニシモなども表現力が豊かになります。グランドピアノでは、ピアノの周りの壁面や下の床に設置することで同様の効果が実現できます。

スピーカーの背後に設置で、ソースに忠実で空間定位のよい再生音

スピーカーの背後に設置すれば、『ACP-2』のもつ平坦な吸音特性と散乱性能により、リスニングに必要な響きを残しつつ、強い一次反射音を抑制することができます。それにより、音源ソースに含まれる情報をそのままリスナーに届ける効果が生まれ、引き締まった中低音と、空間的な音像定位の良い再生音が得られるようになります。

設置枚数の目安

設置枚数の目安はアップライトピアノの背面に2枚、ステレオスピーカーの背面に各1枚としています。グランドピアノの下への配置も効果的です。

<ご参考−調音パネルの構造>

ヤマハ調音パネルの基本要素は「音響共鳴管」と「堅い反射面」です。1本の管の片面の一部に開口部を設け、上下に長短2本の共鳴管を作り出すと、2つの周波数で共鳴する音響共鳴管ができます。これをパネル状に連結すると、開口部回りに堅い反射面が構成されます。
 この独自の構造により、入射する音に対して、「開口部」から放射される音と「堅いパネル面」から反射される音が相まってほど良い散乱効果を生み、同時に「開口部」での音のエネルギー消費による吸音効果も得られます。
 つまり、1枚のパネルで「吸音」と「散乱」作用をバランスよく両立させることを狙いました。音響共鳴管を適切な長さで組み合わせるなど、低音から高音にわたる領域で性能を確保する工夫を施しています。

製品特長

音響障害を聴いてみる ピアノ編

音響障害を聴いてみる

【大実験!】ヤマハ調音パネル『ACP-2』の効果は?

【大実験!】ヤマハ調音パネルの効果は?(音楽鑑賞編)

調音パネルプロモーションビデオ