USBスピーカーフォン

FLX UC 500

  • 希望小売価格: オープン価格

USBスピーカーフォンに本格スピーカーシステムを搭載
6~10人程度の中規模Web会議に最適。
話者に負担の少ない高性能マイクと高音質スピーカーで快適な遠隔コミュニケーションが可能です。

無料貸出/体験デモ
  • 会話の聞き取りやすさを重視した、2基の高音質スピーカー
  • 360度にわたる収音環境を実現する、4基の高性能マイク
  • 快適な双方向の同時会話を可能にする、エコーキャンセラー
  • 直感的でかんたん操作を演出する各種調整ボタン
  • FLX UC Device Manager
  • ※製品の色は実際の色と若干異なる場合があります。
 

アメリカ通信・音響機器メーカーRevolabs
Revolabs 副社長 江本氏(ヤマハ駐在員)が語る

Revolabsについて (企業概要、スタッフ、ヤマハとの関係、商品ラインナップ)

Revolabs(レボラブズ)は、2005年にBoston郊外で設立された業務用音響機器メーカーです。社員は約100名、そのうちの4割が技術者で自社で商品を企画・開発しています。無線技術と音声信号処理技術を得意としており、会議向けの多チャンネルワイヤレスマイクや電話会議端末、最近ではUnified Communication用のUSBマイクスピーカーをRevolabs商品としてグローバルに販売しています。企業スローガンは「Hear every word」、つまり一言も聴きもらさない理想の音響機器を目指しています。

2014年3月にヤマハ株式会社の完全子会社となりました。私自身は2014年9月より渡米、Revolabsに在籍しています。ヤマハとのシナジー効果を出すために、営業・開発の両面から様々な仕掛けを試みています。

レボラブズ副社長 江本氏

Revolabs 副社長 江本氏

Revolabs UC*製品への参入 (FLX UC 500開発の理由、取り込んだ技術)

ワイヤレスマイク技術でビジネス拡大したRevolabsですが、近年、会議スタイルが変化してきたと感じています。これまでは専用機器を会議室に設置して遠隔会議が行われてきましたが、今ではWeb会議をPCで立ち上げれば簡単に遠隔会議ができるようになっています。Web会議でのUSBオーディオの利用は、日本では5年前から徐々に普及していますが、オフィスの広いアメリカでもここ数年加速度的に普及しています。その会議スタイルの変化に対し、Revolabsとしてどのようなビジネスをするかを考えた結果、「FLX UC 500」という商品にたどりつきました。

Revolabsの商品である以上、高音質の実現が重要でした。そのため、スピーカーには2ウェイスピーカーを採用しました。また、360度集音できるよう、マイクの配置にも工夫をこらしてあります。そして音声会議端末としてその性能が非常に重要なエコーキャンセラー。実は、ヤマハのUC*機器「YVC-1000」の音声信号処理を担当したエンジニアも一人ヤマハからRevolabsに派遣され駐在しており、この「FLX UC 500」を皮切りに今後もヤマハとRevolabs、それぞれのシナジー効果を活かしていきたいと思っています。

* UCとは「Unified Communication(ユニファイドコミュニケーション)」を示します。

Revolabsオフィス

Revolabsオフィス

(2015年9月16日 掲載)