耳鼻咽喉科 麻生病院

耳鼻咽喉科 麻生病院

麻生病院は、1987年1月、札幌に本院を開設。以来、「専門病院として皆様に満足していただける医療を提供する」ことを理念に医療に専念しています。本院の他、「麻生北見病院」「麻生28」「麻生北クリニック」にてグループ診療を行っており、2015年4月1日に、さらなる施設充実を目指し、本院の敷地内に、新築移転オープンをしました。

バリアフリー&遮音性能が決め手

スライド防音ドアの設置

ある展示会のヤマハブースで、スライド防音ドアが展示されているのを見つけました。床をバリアフリーにできるということと、遮音性能の良さが気に入り、聴力検査室のドアに使えないかと検討しておりました。

後日、ヤマハの音楽教室で実際に使われている商品を見る機会があり、改めてその性能を体感し、採用を決定いたしました。スライド式で、ここまで性能の高いドアは今まで見たことがなかったので、その性能には驚きました。

開き戸にはないスペースを確保

従来の開き戸であれば廊下幅もかなりのスペースが必要となります。今回のスライド式ドアはスペースをとられないので患者様の導線を十分に確保することができました。また、床をフラットにすることができるのでバリアフリー対応し、車椅子の患者様もスムーズ出入りしていただいています。
このスライド式ドアは従来品の開きドアと同等の遮音性能を有していますので、騒音に関しての問題は全く起きていません。

新病院の内覧会の際に、道内の先生方や医療関係者が見に来られましたが、多くの方がこのドアの遮音性能を絶賛しており、改めて導入を決めて良かったと感じております。

開閉に場所をとらないスライド式

バリアフリー

てこ式ハンドル

設置状況

設置商品:スチール製スライド防音ドア×5本

品番
遮音性能 T-4タイプ (遮音性能Dr-40相当)
ドア 1,210W × 2,082H × 60t (mm)
ドア枠 1,246W × 2,236H × 見込160t (mm)
(レールカバー長さは2,236mm)
合計重量 170kg
オプション てこ式ハンドル
エアクッション
自閉装置

レイアウト