株式会社コシダテック

次の導入では、FLX UC 500も検討すべき。

遠隔会議を頻繁に利用

自動車関連から半導体、電子デバイス等々、多様な製品を扱う商社コシダテック。

国内14拠点と、海外7拠点を展開し、遠隔会議システムは、主に各拠点間の会議に毎日利用されています。以前よりテレビ会議システムを利用されていましたが、国際回線の専用線が非常に高コストなことから、2013年に遠隔会議はWeb会議に切り替えたという経緯をお持ちです。

情報システム部長 飯塚勝広さん

いつもの会議環境で試用 - 多くの方がFLX UC 500を高評価

情報システム部では、システムに関連して、上海にあるソフト子会社にプログラムを製作委託。週1回は進捗確認のために、1時間くらいの遠隔会議を行っているそうです。今回FLX UC 500は、8名掛け程度のテーブルのある普段から使う部屋に設置して、ご利用いただきました。

何度か利用されてみて、「とにかく集音性の良さを感じています。現在、社内で通常使用している他社製品では、よく聞き取れずに聞き直すということが度々ありました。」とのご感想。FLX UC 500ではそのようなことがなく、例えば会議室の端で小声で話したときにも、相手側に「今の聞こえた?」と聞くと、「聞こえました」と返答があったそうです。他社製品では引き寄せて機材に向かって話さないと相手側に聞こえないということもあったが、FLX UC 500では「声を拾えず、不便に感じた」ことは一度もなかったそうです。

聞き取りにくい用語もハッキリ

スピーカーからの出音もノイズがクリアにキャンセルされていて、非常に聞きやすいという印象があり、IT関連業界では多い、頭文字をとってアルファベット3文字くらいで表記するワードも、FLX UC 500では問題なく聞き取ることができたとのこと。また、FLX UC 500はヤマハの同価格帯の機種と比べても再生時の低音の周波数域が拡がり、低音の男性の声も自然な音でしっかり出力できるようにもなっています。同社にはヤマハ製品も以前からご利用いただいおり、今回のFLX UC 500と併せ、製品のクオリティの高さを実感されているようです。

Company Information

株式会社コシダテック

自動車電装品、半導体、携帯電話事業を柱に、新規事業にも積極的に取り組み、製品、サービスを提供している技術商社です。

Website: https://www.koshida.co.jp/

(2016年6月27日 掲載)