ビデオコラボレーションシステム CS-800 & CS-500

BE SEEN. BE HEARD. BE YOU.

ヤマハ ウェビナー「Web会議用ビデオコラボレーションシステム『CS-800』『CS-500』誕生!~言葉、しぐさ、表情がリアルに伝わる~」開催のお知らせ

言葉、表情、熱量がそのまま伝わる
リモートコラボレーション時代の新しいビデオコラボレーションシステム

音を聞き分けるからこそ、映像がより鮮明に。
映像があるからこそ、言葉のニュアンスがより豊かに。
ヤマハのビデオコラボレーションシステムに初搭載されたSoundCap Eyeによる臨場感のあるカメラ&音声ワークアシストは、まるで最高の撮影・音声スタッフを抱えた、熟練の映画監督のよう。

音の技術と感性から生まれた、AI搭載のリモートコラボレーション時代の新しいビデオコラボレーションシステム。
すべては、画面のずっと先の、あなたと最高のコラボレーションを生み出すために。

声を“見る”目 - SoundCap Eye™

マイクはカメラに写る人の声だけを明確にとらえ、スピーカーは参加者の位置に最適な音量に調整。話者の声以外のノイズを取り除きながら音を最適化することで、たとえオープンオフィスのような騒がしい空間でも、SoundCap Eye™はオフィスのさまざまな空間で快適な遠隔コミュニケーションを生み出します。

SoundCap Eye™ Logo
SoundCap Eye™ 図説

ヘキサマイクによる3次元ビームフォーミングで、従来と一線を画す明瞭な音声

4Kカメラが人の位置を特定し、CS-800/CS-500に組み込まれた6つのマイク(ヘキサマイク)が話者の口元を捉えることで、カメラに顔が向いている話者の声だけをつぶさに拾い上げる。音声と映像の技術の融合による従来のオンラインコミュニケーションと一線を画す会話体験は、ハードウェアとソフトウェアを高次元で組み合わせる高い技術と、人がつながりあう・つたえあうための感性を磨き上げてきたヤマハだからこそ実現できるもの。

Hexa-Microphone

話者の表情を自動的にフォーカスする、スマートフレーミング

AIカメラと話者追尾機能を組み合わせて、話者の表情を自動でズーム、参加者が見たい話者と聴者の表情に自動フォーカス。あなたが動き回ろうと、CS-500/CS-800はどんな会話の、どの言葉も逃さず、画面を越えて熱量、しぐさ、表情をお届けします。

スマートフレーミング

だれでも直感的に、すぐに使える。シンプルな接続性を追求したユーザビリティ

会議スペースに行くと自動でディスプレイが立ち上がり、会議開始までの手順を表示。PCにたった一本ケーブルをつなぐだけで、オンラインコミュニケーションの準備完了!

参加者を検出、自動でディスプレイ電源ON

1.参加者を検出、自動でディスプレイ電源ON

使い方はディスプレイに自動表示

2.使い方はディスプレイに自動表示

PCを1本のケーブルでつなぐだけ!

3.PCを1本のケーブルでつなぐだけ!

オフィスのさまざまな場所への導入を可能にする、豊富なインストールオプション

テーブルがなくてもディスプレイに載せるだけの高い設置性をもつCS-500に、テーブルトップ、ウォールマウント、TVマウント等使用環境に合わせて選べるマウントキットオプションが豊富なCS-800。豊富な選択肢が、オフィスのさまざまな空間を遠隔コミュニケーションReadyにします。
その他の設置バリエーション詳細はCS-800/CS-500各製品ページをご覧ください。

豊富なインストールオプション

高い互換性・シームレスな接続性

あらゆるOSやデバイス、様々な遠隔会議システムと組み合わせた遠隔コミュニケーションソリューションを構築できます。

Zoom Certified Badge

詳細はこちら

『CS-800』『CS-500』主な機能

CS-800
CS-800
CS-500
CS-500
SoundCap Eye™ ビームフォーミングマイク
スマートフレーミング対応4Kカメラ
自動ディスプレイ起動・モニターガイド
画面共有(DisplayLink利用)
USB1本接続(音声/映像伝送)
フルレンジスピーカー内蔵 (接続ディスプレイのスピーカーを利用)