オフィスクローバー

お客様のご紹介

オフィスクローバー 様

オフィスクローバー

社会福祉法人 結の会「オフィスクローバー」は、地域とのかかわりの中で障害者の方々が「働くこと」「社会性を身につけること」を目的とし、施設利用者の主体性を尊重したサービスを提供しています。

Profile  
業種 福祉施設
法人名 社会福祉法人 結の会
部署/施設名  オフィスクローバー
地域 東京都 新宿区
Website

お客様の声 コメント提供:施設長 友利幸湖 様  精神保健福祉士 松田暁子 様

プライバシーを守るだけでなく「癒しを与える環境音」としても好評

スピーチプライバシーシステム「VSP-1」の導入のきっかけはNHKのニュース番組でした。オフィスクローバーは障害を持つ方々に利用していただく施設であるため「相談内容のプライバシーの保護」は大前提です。しかし職員のスペースと利用者のスペースを区切る衝立などがないオープンなレイアウトであるため、今までは電話による相談や面接室以外の席での相談、また職員間の会話などが、施設内の第三者に聞こえてしまう可能性がありました。ニュースで知ってすぐ問い合わせをし「VSP-1」を試験的に導入したところ、会話の内容が第三者にわからなくなるなど、効果が実感できました。
壁や衝立などで物理的に遮音すると利用者の方々に「自分たちは音が聞こえないように隔離されている」といったネガティブな印象を与えてしまう危険がありますが、「VSP-1」は空間を仕切ることがなく「声は聞こえるが内容は分からない」という状態を作り出せるので、利用者にも職員にも自然に感じられます。また鳥の声や自然の音を混ぜた「ヤマハマスキング音」はマスキングだけでなく癒しの効果もあるようで、利用者の方々に好評です。職員はすぐに音に慣れましたので業務に差し障りはありませんし、マスキング効果を高めるために電話での相談時も人がいない方向へ向いて話すなどといった配慮もするようになりました。このように職員側の意識が高まったこともメリットだと思います。

プライバシーを守るだけでなく「癒しを与える環境音」としても好評
俯瞰図
Data  
設置台数 4
用途 職員スペース→利用者スペース