FAQ(生産完了品)

全モデル共通(生産完了品)

修理を依頼したい

ご購入いただいた販売代理店にご依頼ください。
保証書(ご購入日がわかる納品書・領収書など)、不具合の症状・頻度などを記載したものを添付願います。

保守サービスについて教えて欲しい

修理時に代替機をご用意する有償センドバック保守サービスをご用意しています。
ご購入いただいた販売代理店にお問い合わせください。

海外に持ち出すことはできますか?

日本国外でのご利用はサポート対象外となりますので、現地購入を推奨させていただいております。
海外の販売代理店を参照ください。

尚、海外に持ち出す場合は、通関時に「該非判定証明書」の掲示を要求されることがあります。
「該非判定証明書」の発行が必要な場合は、サポート窓口フォームよりお問い合わせください。
その際、下記事項をフォームの「お問い合わせ内容」にご記入ください。
お申し込みから、1週間~10日程度での発行となります。

  • 対象機種(モデル名)
  • 必要部数
  • 交付先(今回この製品を海外に持ち出す方の会社名(正式名称でお願いします))
  • 資料の用途 【a.社内資料  b.税関からの提示依頼  c.交付先の参考資料  d.その他(理由をご回答ください)】
  • 仕向地/都市名(持って行く都市、国)
  • 最終顧客名(持って行く国で利用される会社名:正式名称でお願いします)
  • 積出(空)港および税関(持ち出すときに利用する空港名など)

全モデル共通(生産完了品)※PJP-50Rを除く

マイクを接続したい

拡張マイクを接続した場合、エコーキャンセラーが効かないため使用することはできません。

対応しているWeb会議について教えて欲しい

ヤマハ会議用マイクスピーカーは多くのWeb会議での使用実績があり、高い評価を受けています。
各種Web会議の動作確認済み一覧は各製品詳細ページを参照ください。

スマートフォンに接続できますか?

申し訳ございません。対応しておりません。

Skypeに対応していますか?

Skypeでも使用可能です。

パソコン

USB接続することにより、パソコンのオーディオデバイスとして認識します。Skypeを起動し「メニュー」から「設定」を開き、オーディオ設定にて(マイク)と(スピーカー)を「ヤマハ PJP」に変更してご利用ください。

パソコンのスピーカーから音が聞こえる

Windows7の場合

コントロールパネル⇒ハードウェアとサウンド⇒オーディオデバイスの管理 を開き、サウンドの再生タブに接続しているPJPシリーズが「既定のデバイス」として表示されているかご確認ください。
表示されている場合、プロパティからレベルのタブを開きマイクレベルを80~90に上げてOKをクリックしてください。
また、ご使用のWeb会議ソフトの設定から、マイク・スピーカーのデバイスがPJPシリーズを選択されているかご確認ください。

マイクが収音しない

Windows7の場合

本体のマイクがミュートになっていないかご確認ください。
次に、パソコンのコントロールパネル⇒ハードウェアとサウンド⇒オーディオデバイスの管理のプロパティにて、「録音」のタブで既定のデバイスがPJPシリーズになっていることをご確認ください。
ご使用になっているWeb会議ソフトで、PJPシリーズがマイクのデバイスとして設定されていることをご確認ください。
こちら側で問題がない場合、相手側のスピーカーの設定をご確認ください。

相手に「エコーが聞こえる」と言われる

ご使用のWeb会議ソフトの設定で、マイク・スピーカーのデバイスとして、PJPシリーズが選択されていることをご確認ください。
パソコンの内蔵オーディオ機器やWebカメラの内蔵マイクが選択されていないかご確認ください。

PJP-10UR

対応しているWeb会議について教えて欲しい

ヤマハ会議用マイクスピーカーは多くのWeb会議での使用実績があり、高い評価を受けています。

対応OSについて教えてください

Windows 8、Windows 7、Windows Vista SP1以降、Windows XP SP2以降、Windows 2000 SP4以降に対応しています。
ただし、Windows VISTAおよびXPの64bit版には対応しておりません。

Mac OS は対応していますか?

Mac OS X v10.5(intelプロセッサ搭載機のみ)に対応しています。

パソコンと接続したが、認識しません。別途ドライバが必要ですか?

PJP-10URは、Windowsの標準ドライバを使用しているため、別途ドライバは必要ありません。
一部のUSBオーディオデバイス・ビデオキャプチャ・WebカメラなどのドライバがインストールされているとパソコンがPJP-10URを認識しなくなる場合がございますので、コントロールパネルより削除してください。パソコンがPJP-10URを認識すると、パソコンのレジストリ情報に残るため、競合を起こす他のドライバをインストールしても正常に使用することができます。

USBケーブルを長くしたい

市販のUSBケーブルをご利用ください。USB規格上5mが上限です。
端子の形状は、PC側がUSB(A端子)、本体側がUSB(ミニB端子)です。

スピーカーから音が出ない

Windows7の場合

パソコンのコントロールパネル⇒ハードウェアとサウンド⇒オーディオデバイスの管理のプロパティにて、「再生」のタブで既定のデバイスがPJPシリーズになっていることをご確認ください。
ご使用になっているWeb会議ソフトで、PJPシリーズがスピーカーのデバイスとして設定されていることをご確認ください。
こちら側で問題がない場合、相手側のマイクの設定をご確認ください。

PJP-20UR

対応しているWeb会議について教えて欲しい

ヤマハ会議用マイクスピーカーは多くのWeb会議での使用実績があり、高い評価を受けています。

対応OSについて教えてください

Windows 8、Windows 7、Windows Vista SP1以降、Windows XP SP2以降、Windows 2000 SP4以降に対応しています。
ただし、Windows VISTAおよびXPの64bit版には対応しておりません。

Mac OS は対応していますか?

Mac OS X v10.5(intelプロセッサ搭載機のみ)に対応しています。

パソコンと接続したが、認識しません。別途ドライバが必要ですか?

PJP-20URは、Windowsの標準ドライバを使用しているため、別途ドライバは必要ありません。
一部のUSBオーディオデバイス・ビデオキャプチャ・WebカメラなどのドライバがインストールされているとパソコンがPJP-20URを認識しなくなる場合がございますので、コントロールパネルより削除してください。パソコンがPJP-20URを認識すると、パソコンのレジストリ情報に残るため、競合を起こす他のドライバをインストールしても正常に使用することができます。

機器を連結して使いたい

連結接続USBドライバーのご提供は終了しました。

USBケーブルを長くしたい

市販のUSBケーブルをご利用ください。USB規格上5mが上限です。
端子の形状は、PC側がUSB(A端子)、本体側がUSB(ミニB端子)です。

スピーカーから音が出ない

Windows7の場合

パソコンのコントロールパネル⇒ハードウェアとサウンド⇒オーディオデバイスの管理のプロパティにて、「再生」のタブで既定のデバイスがPJPシリーズになっていることをご確認ください。
ご使用になっているWeb会議ソフトで、PJPシリーズがスピーカーのデバイスとして設定されていることをご確認ください。
こちら側で問題がない場合、相手側のマイクの設定をご確認ください。

PJP-50USB

対応OSについて教えてください。

Windows 8、Windows 7、Windows Vista SP1以降、Windows XP SP2以降、Windows 2000 SP4以降に対応しています。
ただし、Windows VISTAおよびXPの64bit版には対応しておりません。

Mac OS は対応していますか?

動作確認を行っておりません。

パソコンと接続したが、認識しません。別途ドライバが必要ですか?

PJP-50USBは、Windowsの標準ドライバを使用しているため、別途ドライバは必要ありません。
一部のUSBオーディオデバイス・ビデオキャプチャ・WebカメラなどのドライバがインストールされているとパソコンがPJP-50USBを認識しなくなる場合がございますので、コントロールパネルより削除してください。パソコンがPJP-50USBを認識すると、パソコンのレジストリ情報に残るため、競合を起こす他のドライバをインストールしても正常に使用することができます。

機器を連結して使いたい

ステレオミニジャック(抵抗なし)のオーディオケーブルをご利用いただくことで、最大4台まで連結することが可能です。

  • ご利用時には、PJP-50USBのファームウェアをVer2.00以降にバージョンアップしてください。
  • パソコンとUSBケーブルで接続したPJP-50USBの動作モードを「連結(親)」に設定してください。
  • オーディオケーブルで接続するPJP-50USBを「連結(子)」に設定してください。
  • PJP-50USB同士は、あまり近づけず2mほど離してご利用ください。
スピーカーを接続して使いたい

オーディオ出力端子にアンプ内蔵スピーカーを接続していただくことでご利用いただくことが可能です。

  • ご利用時には、PJP-50USBのファームウェアをVer2.00以降にバージョンアップしてください。
  • PJP-50USBの動作モードを「外部スピーカー」に設定してください。
  • 外部スピーカー利用時は、PJP-50USBのスピーカーから音声は再生されません。
他のYVC/PJPシリーズと連結することは可能ですか?

同機種(PJP-50USB)のみ連結が可能です。

ACアダプターを購入したい

PJP電源ケーブルセット(PJP-10050AC)としてご購入いただくことが可能です。販売代理店にご依頼ください。

USBケーブルを長くしたい

市販のUSBケーブルをご利用ください。USB規格上5mが上限です。
端子の形状は、PC側がUSB(A端子)、本体側がUSB(B端子)です。

PJP-25UR

対応OSについて教えてください。

Windows 8、Windows 7、Windows Vista SP1以降、Windows XP SP2以降、Windows 2000 SP4以降に対応しています。
ただし、Windows VISTAおよびXPの64bit版には対応しておりません。

Mac OS は対応していますか?

Mac OS X v10.5(intelプロセッサ搭載機のみ)に対応しています。

パソコンと接続したが、認識しません。別途ドライバが必要ですか?

PJP-25URは、Windowsの標準ドライバを使用しているため、別途ドライバは必要ありません。
一部のUSBオーディオデバイス・ビデオキャプチャ・WebカメラなどのドライバがインストールされているとパソコンがPJP-25URを認識しなくなる場合がございますので、コントロールパネルより削除してください。パソコンがPJP-25URを認識すると、パソコンのレジストリ情報に残るため、競合を起こす他のドライバをインストールしても正常に使用することができます。

オーディオ端子は何に利用しますか?

USBが利用できないパソコンやテレビ会議システムなどと接続してご利用いただくことが可能です。

オーディオ端子に、外部マイクを接続して利用できますか?

外部マイクにはエコーキャンセラーは対応しておりません。

オーディオ端子に、外部スピーカーを接続して利用できますか?

外部スピーカーの対応はしておりません。

USBケーブルを長くしたい

市販のUSBケーブルをご利用ください。USB規格上5mが上限です。
端子の形状は、PC側がUSB(A端子)、本体側がUSB(ミニB端子)です。

PJP-100UH

機器を連結して使いたい

ステレオミニジャック(抵抗なし)のオーディオケーブルをご利用いただくことで最大4台まで連結することが可能です。
パソコンとUSBケーブルで接続したPJP-100UHの「サウンド設定」⇒「外部入出力」⇒「連結」に設定してください。
オーディオケーブルで接続するPJP-100UHの外部入出力の設定を「オーディオ」にしてください。
PJP-100UH同士は、あまり近づけず2m以上離してご利用ください。

ACアダプターを購入したい

電源ケーブルセット(PJP-10050AC)としてご購入いただくことが可能です。ご購入先にご依頼ください。

USBケーブルを長くしたい

市販のUSBケーブルをご利用ください。USB規格上5mが上限です。
端子の形状は、PC側がUSB(A端子)、本体側がUSB(B端子)です。

PJP-300V

ACアダプターを購入したい

電源アダプター(PJP-300VCAC)、ACケーブル(PJP300VCCA)をご購入いただくことが可能です。販売代理店にご依頼ください。

PJP-50R(S)

ACアダプターを購入したい

電源ケーブルセット(PJP-10050AC)としてご購入いただくことが可能です。ご購入先にご依頼ください。

機器を連結して使いたい

ステレオミニジャック(抵抗なし)のオーディオケーブルをご利用いただくことで最大4台まで連結することが可能です。

  • PJP-50R(S)の設定を「メニュー」⇒「設定」⇒「サウンド設定」⇒「外部入出力」⇒「連結(子)」に変更してください。
  • PJP-50R(S)同士は、あまり近づけず2m以上離してご利用ください。