医療のスピーチプライバシー

診察室での会話が、待合室の他の患者さんに聞こえてしまうのが心配

診察室での会話が廊下や中待合に漏れる

薄いスライドドアなどで仕切られた診察室での会話が、中待合にいる他の患者様に聞こえてしまう。
病気の告知など、ほかの人に聞かれたくないような会話内容が聞こえてしまう心配はありませんか。

受付カウンターでの説明が他の患者様に聞こえる

受付カウンターなどでオープンスペースでの会話、病名や症状の説明など、他の方に聞かれたくないような会話内容が他の患者様に聞こえてしまう。

カーテンで仕切られているだけの診察室から会話が筒抜け

診察室がカーテンで仕切られているだけなので、処置や検査をしている患者様に診察室での会話が筒抜けになってしまう。

その音漏れ、ヤマハのサウンドマスキングで隠しましょう!

【VSP-1】
オフィスのスピーチプライバシーを実現する製品です!

  • ヤマハ独自の「情報マスキング音」で高いマスキング効果を実現
  • 8種類の「環境音」+「演出音」でシーンに合せた心地よい快適な空間を提供
  • 大がかりな工事が不要、設置場所を選ばないシンプルで清潔感あるデザイン
VSP-1

サウンドマスキングで「隠す」とは?

サウンドマスキングとは会話をほかの音で隠すことを言います。従来の方式は「ノイズで会話をかき消す」方法でしたが、VSP-1で はヤマハが独自に開発した人の声を素材にした合成音「情報マスキング音」使用して会話内容をカモフラージュするシステムです。比較的小さい音量で高い効果を発揮し「話し声は聞こえるが、内容はわかりにくい」という環境を作り出すことができ、快適さを保ちながら会話のプライバシーを守ります。

大がかりな工事は不要です

設置面積10cm×10cm、高さ約21cm のコンパクト設計。床置きタイプなので大がかりな工事は不要です。
用途に応じて置き場所は台数の変更も自由です。導入後は電源を入れるだけの簡単操作。

Case.1

診察室の内容が中待合や廊下へ漏れてしまう

VSP-1を診察室の外に設置します。廊下や通路に向けてマスキング音を流すため、診察室内は静かな状態を保ちながら、外部への情報漏えいを防ぎます。

診察室の内容が中待合や廊下へ漏れてしまう

Case.2

隣接した診察室や処置室で相互に会話が聞こえてしまう

VSP-1を間仕切り壁を挟んで背中合わせに設置します。それによって診察室内の暗騒音を高め、隣室での会話を聞き取りにくくします。

隣接した診察室や処置室で相互に会話が聞こえてしまう

Case.3

カウンターでの会話が背後に聞こえてしまう

カウンターから後方の待合スペースに向けてVSP-1を設置してマスキング音を流します。カウンターでは通常に会話していても、後方では会話内容が聴き取りにくくなります。

カウンターでの会話が背後に聞こえてしまう

関連製品紹介

定型タイプの防音室(不燃仕様)【ASAシリーズ】

録音ブース、Webコンテンツ製作室、研究室、検査室などの業務用途を想定し、不燃性と遮音性を両立させた屋内設置型の防音室です。

自由設計の防音室(不燃仕様)【AMGシリーズ】

家庭と異なるさまざまな条件を求められる音の空間があります。テレビ局、FM局、サテライトスタジオなどです。これらに応えるのが、業務用防音室です。ヤマハでは、防音から音場設計までを総合的にお引き受けします。