遠隔授業

リモートでの合同授業・交流授業、成功のカギを握るのはクリアで安定した音声

離島や過疎地域の学校における教員不足対策の切り札として、さらには地域を越えた協働学習や海外の学校との交流授業など新しい試みとして、ICTを活用した遠隔授業の取り組みがはじまっています。民間でも、カリスマ講師による遠隔講義やビデオ講義は珍しくなくなりましたが、そこで重要になるのが授業や講義の音声品質です。ノイズや音声の途切れなどは授業内容の理解を妨げることになるだけに、クリアで安定した音声は絶対条件と言えます。

遠隔授業 3つのケースと課題

Case.1

国内の他校とリモートで合同授業を実施したい

Case.2

海外の学校とリモートで交流授業を実施したい

Case.3

遠隔授業を活用した新しい教育プログラムを考えたい

Web会議用マイクスピーカーで遠隔授業の課題を解決!

ヤマハの高性能Web会議用マイクスピーカーを利用すれば、手軽に1~2名の小規模から40名規模までの遠隔授業を実現できます。設置・設定もカンタンで機器操作が苦手の先生も大丈夫。エコーやノイズのない最適音声でストレスのない授業が可能です。

  • クリアな音声でスムーズ&効果的授業を実現
  • 接続設定が簡単で気軽に遠隔授業がはじめられる

【YVC-1000】8 ~ 40 名程度の中・大規模授業

  • Web会議ソフト利用時はUSB/Bluetoothで、ビデオ会議システム利用時はオーディオ入出力端子でスムーズに接続。
  • NFCの対応スマートフォンなどは、本体上面のNFCロゴマークにかざすだけで、カンタン接続可能。
  • 標準構成(マイク1台付属)に加え、オプションの拡張マイク「YVC-MIC1000EX」を4台(合計5台)まで増設できます。
YVC-1000

【FLX UC 500】6 ~ 10 名程度の中規模授業

  • ツィーターとミッドウーファーの2基を内蔵。一般的なWeb会議用スピーカーフォンよりも周波数帯域が広く、遠隔会議で聞き取りやすい快適なコミュニケーションを実現。
  • 4基の内蔵マイクそれぞれに搭載したエコーキャンセラー機能でエコーをしっかり除去。スムーズな会話が可能です。
FLX UC 500

【YVC-300】4 ~ 6 名程度の小規模授業

  • USBバスパワーながら、瞬間最大音量91d / 再生周波数帯域190~20,000Hzを実現。しっかり音声を伝え、円滑なコミュニケーションを実現。
  • Web会議ソフト利用時はUSB/Bluetoothで、ビデオ会議システム利用時はオーディオ入出力端子でスムーズに接続。
  • オプションの連結ケーブルを使用することで、もう1台の「YVC-300」と連結使用できます。
YVC-300

【YVC-200】1 ~ 4 名の個人授業

  • 360°全方位からの音声を収音するマイクロフォン、最大で88dB出力可能なパワフルスピーカーにより、クリアで快適な会話を実現。
  • 専用ドライバーのインストールが不要なUSBと、NFC機能搭載Bluetoothにより、あらゆるデバイスとスムーズに接続。
  • 最大10時間の連続通話が可能な充電式バッテリー、優れたポータビリティーにより、いつでもどこでもスマートにコミュニケーションが始められます。
YVC-200

関連製品紹介

スピーチプライバシーシステム【VSP-1】
スピーチプライバシーシステム【VSP-1】

音声を聞き取りやすくするだけでなく、逆に聞き取りにくくする製品もご用意。例えば、経営/人事関連など高い秘匿性が求められる会議の音声が室外に漏れてしまうリスクを低減します。

調音パネル【ACP-2/TCH】

「壁や天井の材質や構造上、反響音が大きく会話が聞き取りにくい」「マイクスピーカー使用時にエコーやハウリングが発生しやすい」といった特性をもつ会議室の音響を改善します。